本文へスキップ

吹田市佐井寺の歯科医院 拡大視野で精密治療 なるべく 抜かない 削らない ダイレクトボンディングと根管治療

予約制(当日急患可)TEL.06-6170-2983

〒565-0836 大阪府吹田市佐井寺1-11-18
駐車場5台あり、車椅子・ベビーカー

当院の強み

歯を 長く 美しく 残すことに こだわる

一生自分の歯を美しく機能的に残すため、当院が特に力を入れている診療です。
ダイレクトボンディング
根管治療(歯内療法)・歯根破折治療

的確な診断

ダイレクトボンディング

 ハイブリッドセラミックスを使用した歯の部分的な修復方法です。2.5倍と10倍の拡大鏡(ルーペ)を使用して、その場でハイブリッドセラミックスを盛り付けて、美しく精密に治療します。従来からの型取りをする治療方法と比較してたくさんのメリットがあります。
長所
・歯を削る量が少ない。インレーが入るように便宜的にたくさん削ることをしません。
・治療が1回で終了。型取り不要ですので再来院の必要がありません。
・色調や表面性状を合わせやすい。細かな色の違いや表面の凹凸の違いなどを拡大鏡で見ながら、その場で再現します。
短所
・回数は1回だが時間がかかる。
・費用がかかる。
・結果の良否は治療を行う歯科医師の技術で決まるため、治療できる歯科医師が少ない。

ダイレクトボンディング治療例
左下の第一小臼歯と第二小臼歯です。
コンポジットレジンで修復してありましたが、変色があり美しくしたいという要望でした。変色以外に、形態の不良も認めました。
局所麻酔下で古い充填物と虫歯を削って取り除きます。それ以外は元の歯をほぼそのまま生かしてハイブリッドセラミックスを充填します。自費診療で、歯の形態と色調の複雑さによって費用は異なり、1本 1万円〜6万円(税別)です。下の写真の治療は1本4万円(税別)です。この治療に特有の重大な副作用の報告はありません。 咬合力が極めて強い場合は破折のリスクがありますので、受診時にしっかりご説明しています。

(1)治療前

(2)45分間のダイレクトボンディング治療後


根管治療

 歯の根の部分の治療ですので患者さんには見えないのですが、長く歯を残すためには大切な治療です。10倍の拡大鏡(ルーペ)と明るいLEDライトを使用して精密に治療しています。
 歯科医師をしていると日常的に行う治療ですが、見えない部分のため診断や治療の技術が難しい、保険診療は非常に安い(欧米の1/20〜1/30)ため経営を考えると時間をかけにくいのですが、丁寧に治療しています。
 出来るだけ保険診療で行っていますが、自費診療でなければ治らない場合もあります。
通常の方法のほかに、歯根端切除、意図的再植、歯根破折治療、穿孔封鎖などの治療もできますので、簡単に歯を抜くことはなく、他院でうまくいかない場合のリカバリーなども可能です。
 ラバーダムについて:自費診療は原則としてラバーダムを使用します。保険診療もZOOを用いるなど工夫をして、ラバーダムに近い状態で治療を行います。

他院の根管治療のリカバリー治療例
 審美歯科でセラミックの歯を入れたものの、1年経過しないうちに歯ぐきの腫れと違和感が生じたために当院を受診されました。見える部分の治療だけでなく、歯の内部、根管治療の良否が歯の寿命を左右します。
(1-1)(1-2)が当院で治療を行う前です。最初は、一般的によくある根尖性歯周炎と思われて治療を開始しました。(2)治療途中では、前医が誤って本来の根管でない部分に穴をあけてしまったか、珍しいケースで元々根管が2本あったものの1本が未処置であったかの、どちらかではないかと考えられる状況でした。いずれにしても治療が必要です。2本とも根管内の汚染物質を取り除き、再度根管充填を行いました。治療後のレントゲンが(3)です。かなり汚染されていましたので、削除量も多くなりました。この治療に特有の重大な副作用の報告はありまぜんが、ヨードを含む薬剤を使用する場合がありますので、ヨードアレルギーの方は必ずお申し出ください。費用は、2根管の場合、自費診療で70,000円(税別)です。根管貼薬は1回2,000円(税別)、根管充填は20,000円(税別)です。歯茎の腫れ方やレントゲンで同じようにみえても、全ての症例で同じ治療結果となるとは限りません。歯根端切除などの外科処置が必要になる場合もありますし、どのような方法でも治らない場合があることをご理解ください。


(1-1)治療前
 本物の歯のようなきれいな歯ですが、歯ぐきが腫れて膿が出ています。患者さんは違和感も訴えられていました。

(1-2)治療前
 歯の根元が黒く写っています。歯の外側にも炎症のある部分です。
 
(2)治療途中
 薬が入っていない根管(上の矢印)が見つかりました。この歯は、ほとんどの場合根管は1つです。稀なケースで最初から2つあったのか、下の矢印は本来根管のないところに人工的に開けてしまったのか、どちらか不明ですが、2つともしっかり消毒します。
  
(3)治療後
 2本ともしっかり薬を詰めました。黒い影もなくなっています。写真はありませんが、歯ぐきの腫れもなくなりました。

根管治療治療例
 以前に他院で治療を受けておられますが、結果的には治療が不十分であったようです。激しい痛みで当院を受診されました。レントゲンを確認すると、根の先に骨が溶けた像があり、根管内は薬が十分に入っていないように見えました。当院で、かぶせを除去、根管内の汚染物質を除去して、再度根管充填を行いました。この治療に特有の重大な副作用の報告はありまぜんが、ヨードを含む薬剤を使用する場合がありますので、ヨードアレルギーの方は必ずお申し出ください。費用は、保険診療、再診、3根管の大臼歯の場合、初回治療1,760円、2回目以降の根管貼薬290円、根管充填1,240円です。費用は健康保険の診療報酬改定によって変わる場合があります。レントゲンで同じようにうつっていても、全ての症例で同じ治療結果となるとは限りません。手術が必要になる場合、保険診療では治らない場合、自費診療でも治らない場合等もあることをご理解ください。

(1)治療前 
 矢印の部分、根の先端まで薬(白色)が入っていないようにみえます。

(2)治療後
 矢印の部分、根の先端まで消毒して薬(白色)を入れました。(同時に他の歯の治療も行っています。)


歯根破折治療

 歯が割れた、折れた、ヒビが入ったなどの歯根破折でもすぐに抜歯する必要はないと考えています。多くのケースで歯を残すことが可能です。

治療例は「診療内容」のページをご覧ください。

よく相談を受けますが、以下のような理由で抜歯することは、通常ありません。
・歯にヒビがある。根にヒビがある。
・歯に亀裂がある、根に亀裂がある。
・歯が割れている。根が割れている。
・レントゲンで黒い影がある。黒い影が大きい。

抜歯以外の治療の選択肢がないことを説明しないままに、「抜くしかない」、「抜いてインプラントにしましょう」、などと言われた場合は、ぜひ当院を受診してください。


的確な診断

 どんなにすばらしい設備や技術があっても、診断と治療方法の選択が間違っていては治るものも治りませんし、悪化させてしまうことさえあります。当たり前なことですが、案外難しいのが的確な検査と診断です。科学的な根拠に基づく基礎的な知識に加えて、科学的に立証が困難でも経験的に分かっていることを加えて、的確な診断をします。微細な変化も逃さないために、視診には、2.5倍の拡大鏡(ルーペ)、10倍の拡大鏡(ルーペ)を使用しています。
 実は、優れた歯科医師であれば、患者さんと1,2分話をするだけで、どんな病気か、2〜3個まで絞り込めます。視診(目でみる)と触診(触る)と、ほぼ確定します。すぐにレントゲンやCTに頼ることはしません。問診、視診、触診といった患者さんに負担の少ない検査を軽んじることなく、必要な検査を行って的確に診断しています。

隣接面カリエスの診断方法

視診
 分かりやすいように光を当てました。2か月前に他院を受診した際は指摘されていないとのことでした。 

パノラマレントゲン
 この撮影では虫歯はわかりません。(他の検査のために撮影しました) 
 
デンタルレントゲン
 このレントゲンだけでは虫歯の発見は困難です。視診が大切です。
 
少し削ってみると
 少し削ってみると、はっきりとわかります。

おおの歯科おおの歯科

 〒565-0836
 大阪府 吹田市
  佐井寺 1-11-18
 TEL 06-6170-2983